医者との信頼関係を築く

カウンセリングをしよう
よい患者になるための努力
医者との信頼関係を築くよう、よい患者になるための努力も忘れないようにしましょう。クリニックの決まりごとはきちんと守る、節度を守りながらもしっかりとした受け答えをするなど、病院側としても気持ちよく応対のできる患者になりましょう。
医者と患者と言っても、結局大切になるのは人間同士のコミュニケーションです。インフォームド・コンセントの権利があるからといって、患者の方が高飛車な態度で説明を求めてもいけません。「節度を持った」態度を守りながら、自分がいかに真剣に美容整形に取り組んでいるか感じさせるようにしたいものです。誠実な医者・クリニックであれば、そのような態度の患者の期待に、できるだけ応えようと努力してくれるはずです。
医者の質問には誠実に、明快に答えるようにして、「こんなふうになりたい」というイメージを、できるだけ具体的に表現する努力をしましょう。また、専門家である医者に対しての尊敬の念も忘れてはなりません。
美容整形と個人情報
美容整形は、患者の非常にデリケートな部分を扱うものです。それは身体的だけでなく、精神的な面に関しても同じことが言えます。多くの患者は美容外科へ足を運ぶこと自体を隠したいでしょうし、患者として医療施設に言っておかねばならない既往症などについて神経をとがらせる人もいるでしょう。医者には守秘義務がありますから、万一のトラブルでもない限り、個人情報が漏れる心配はありません。美容外科の側も患者の気持ちがよく分かっていますから、個人情報の扱いには細心の注意を払っています。逆に患者の方でナーバスになりすぎて、偽名を使うようなことをしていけません。

 

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索