ラミネートべニア

カテゴリー:審美歯科・口
[特徴・施術法]
ラミネートベニアとは、爪の厚さ程の薄い板状のセラミックの歯の表面を削った部分に貼る治療法です。ホワイトニングでは効果の出ない色素沈着のひどい場合や、前歯のちょっとした隙間をうめる場合、表面まで黒ずんでしまった虫歯、欠けたり折れたりしている歯などを治療する際に用いられます。

[メリット]
ホワイトニングより白い歯に出来る。薬の副作用で着色してしまった歯、ホワイトニングでは白く出来ない歯も白くすることが出来る。歯と歯の間に隙間がある場合、歯を白くすると同時に歯の形も綺麗にする事が出来る。 歯を削るといっても、表面を少し削るだけなので基本的に麻酔の必要が無く無痛で治療できる。ホワイトニングやPMTC等のように、汚れや付着などによって色戻りする事がない。歯の表面を少し削るだけなので、2次的な虫歯になりにくい。
[デメリット]
費用が高い。

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索