料金設定について

費用について
診療費の設定をどう判断するか
ほとんどが「自費診療」である美容整形の施術は、各クリニックによって料金がまちまちで、患者としては判断に苦しむところです。診療費の設定には複雑な問題が絡んできますので、単純に「高ければよい、安ければ悪い」と決め付けるわけにはいきません。結局は診療の中身の問題となります。
例えば、最新の機器を導入して、診療・施術に多くの時間をかけると、治療内容の品質が上がると同時に、診療費も高くなります。また、治療費が安い医院の中には、本当に良心的な設定をしようとしているところもあるでしょうし、患者数を増やすことによって利益を得ているところもあるでしょう。だから「診療費のみ」で良し悪しを判断はできないのです。
例えば、「安い」からということで、韓国へのプチ整形ツアーなどが人気だといいます。確かに韓国が美容整形大国であることはよく知られていますが、専門家によれば全体的な技術は日本が上だといいます。また、微妙な美的センスが要求される美容整形で、言葉による十分なコミュニケーションができないのは問題です。これなどは、「安さ」のみにとらわれた行動だと言えるのかもしれません。
診療行為の品質
美容外科の良し悪しを判断するのは、一にも二にも「診療行為の品質」です。「高い・安い」以前に、どこの美容外科施設が「品質の高い診療」をしているのか見極めて、その中で患者自身の予算に合うところを選ぶというのが正しい順序ではないでしょうか。患者は料金の高低で判断するのではなく、診療内容で判断できるだけの情報を収集し、知識や見識を持つことが求められます。

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索