眼瞼下垂

カテゴリー:二重・目元
[特徴・施術法]
眼瞼下垂は先天的・後天的に目の上の皮膚がたるみ目が開けにくかったりするものを手術によって改善することです。後天的には、老化とともに上まぶたを開ける筋肉が弱ってくるため、まぶたが垂れ下がってくる状態をいいます。思い通りに開かないことから、眉間にしわをよせて持ち上げるクセがつき、見た目にも暗く、怖そうな表情になります。眼瞼下垂の修正手術は、緩んでしまった筋肉(眼瞼挙筋)を縫い縮め、まぶたを開く力を強化。目のタテの幅を広げます。このときに二重まぶたをつくることも可能。傷は二重のラインと一致するので、傷跡が目立つこともありません。まぶたが思い通りに開き、視界が予想以上に広がります。

[メリット]
はれぼったいまぶたがスッキリし視界が広くなる。若々しく見える。消えてしまった二重のラインが戻る。美容的な面だけではなく、偏頭痛や肩こりなどが改善することもある。
[デメリット]
切開するため元に戻すことが困難。比較的腫れや内出血などのダウンタイムが長い。

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索