自信を持って生きられるかどうか

美容整形をする前に
「本当に幸せになれるかどうか」という基準を持とう
美容整形・美容外科へ足を運ぼうかと考えたとき、どれだけの不安があるでしょうか。完全に全部消えることはないにしても、解決できることはできるだけ解決しておきましょう。
直接的な動機は何にせよ、美容整形へと足を運ぼうとする人は「幸せ」になろうとしているはずです。本当に自分が「幸せ」かどうか、そこにポイントを置きましょう。「人にこう見られたいから」という基準ではなく、「自分が本当に幸せになれるかどうか」という基準です。多くの人は美容整形・美容外科へ足を運ぶ前に、「生まれたままの自然の顔や体を変えていいものだろうか」と悩むようです。
確かに、できれば自然のままのほうがいいでしょう。けれど美容整形を受けてみようと決断したのは、「今の状態では幸せではない、楽しく豊かに生きられない」と感じたからに他ならないはずです。そうであるならば、施術を受けた後が「幸せ」にならなければ意味がありません。
「人にどう見られているか」「人にこう見られたい」、これらは強い動機になるでしょうが、とりあえず忘れ、施術を受けた後本当に「自信を持って生きられるかどうか」、この点を一番のポイントにしていくべきだと思います。

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索