二重・目元の施術について

「目は口ほどにも物を言う」といいますが、目元は顔の見た目の印象を左右する重要な部位です。一重や腫れまぶた、老化によりまぶたの皮膚がたるんできたり…。美容整形で、もっとも多い治療部位でもあります。目の手術には施術法も目的別に種類がある埋没法や切開法、脂肪注入法などいろいろな手術があります。

くぼみ目

[特徴・施術法]
くぼみ目は加齢とともに上まぶたが落ちくぼみ、その部分が陰になってしまう場合があります。これは重力の影響でまぶたの脂肪が下がってくるため。上まぶたのくぼんだ部分にヒアルロン酸やご自身の脂肪を注入することでまぶたをふっくらさせ、若々しい目もとを取り戻すことができます。

詳細はコチラ»

目の下のたるみとり

[特徴・施術法]
加齢により目の周囲の脂肪や筋力が弱まり、皮膚が伸びてしまうことからたるみが起こります。目の下に窪みができ、老けた印象、また、クマ・やつれが強調されて見えます。この皮膚のたるみを上下の睫毛の生え際で切除し、縫合することにより解消する手術です。たるんだ目元をハリのある目元に修正します。またたるみの原因には余分な脂肪が関係していることもあるので、この脂肪も同時に取り除くことができます。

詳細はコチラ»

目の下の脂肪とり

[特徴・施術法]
加齢とともに、目の下に”脂肪袋”といわれるふくらみが生じます。下まぶたの脂肪が重力により下におちてきてたるみができることで、目の下に窪みができ、老けた印象、また、クマ・やつれが強調されて見えます。手術では、まぶたの裏側から切開し、ていねいに脂肪を取り除きます。

詳細はコチラ»

目尻切開

[特徴・施術法]
目尻切開はツリ目・垂れ目で悩んでいる人、目を大きくしたい人に最適な施術です。腫れもほぼありません。好きな程度にミリ単位で大きくでき、希望通りの目尻が作れます。切開の傷跡は目のふちにあたり一般的には溶ける糸を使用しますので、抜糸・通院も不要です。

詳細はコチラ»

眼瞼下垂

[特徴・施術法]
眼瞼下垂は先天的・後天的に目の上の皮膚がたるみ目が開けにくかったりするものを手術によって改善することです。後天的には、老化とともに上まぶたを開ける筋肉が弱ってくるため、まぶたが垂れ下がってくる状態をいいます。思い通りに開かないことから、眉間にしわをよせて持ち上げるクセがつき、見た目にも暗く、怖そうな表情になります。眼瞼下垂の修正手術は、緩んでしまった筋肉(眼瞼挙筋)を縫い縮め、まぶたを開く力を強化。目のタテの幅を広げます。このときに二重まぶたをつくることも可能。傷は二重のラインと一致するので、傷跡が目立つこともありません。まぶたが思い通りに開き、視界が予想以上に広がります。

詳細はコチラ»

目頭切開

[特徴・施術法]
目頭切開は外国人のようなライン幅の広い目を手に入れたい人、目と目の間隔が開いていることでお悩みの人に最適な手術です。二重手術と一緒に行う事例が多いのが目元パッチリの目頭切開です。欧米人に比べてアジア人は目頭の内側に蒙古襞(モウコウヒダ)といわれる特有のヒダがあり、それを切開することによって目元をパッチリと見せます。

詳細はコチラ»

切開法

[特徴・施術法]
切開法とはまぶたの皮膚を切開し、脂肪を除去して二重を作る手術方法です。埋没法に比べると若干腫れが続きますが、主にまぶたが厚く二重のラインがつきにくい方、くっきりとした二重を作りたい方に向いています。ラインは最も安定します。

詳細はコチラ»

埋没法

[特徴・施術法]
埋没法はプチ整形の代表格の施術方法の二重手術。手術用の糸を皮下に埋め込み二重のラインを作ります。ある程度二重のラインが出やすい方や、奥二重を作りたい方に向いています。腫れも比較的少なく、糸を取り除くと元に戻せる施術法です。気軽に手術を受けに来る若い女性も多い手術でもあります。

詳細はコチラ»

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索