豊胸・胸の施術について

バストと言っても悩みは人それぞれ。代表的な手術はバック挿入などの豊胸術ですが、胸の小さい人は小さい人なりに、大きい人は大きい人なりの悩みがあります。また、先天的な遺伝や後天的な理由により悩みに至るものもあります。美乳という言葉がありますが、カタチや形状も美しくなるよう陥没乳頭や乳輪の手術もあります。

乳頭・乳輪黒ずみ除去

[特徴・施術法]
乳頭・乳輪の色はメラニン色素が関係しています。年齢を重ねるごとに、肌の新陳代謝が悪くなり、表皮の細胞が入れ替わる時間が長くなります。これによりメラニンが肌に残ってしまい、シミや黒ずみの原因となります。摩擦によっても肌が少しずつ傷つき、メラニンが肌を守ろうとして増えてしまいます。従来のレーザーによる治療は、コストがかかる上に、照射跡がかさぶたになりやすいという負担の大きいものでした。最近は高濃度のハイドロキノンとビタミンA誘導体である「トレチノイン酸」を使った塗り薬によるケアで改善できます。薬剤が表皮の深い層に働きかけ、メラニン色素を薄くします。

詳細はコチラ»

下垂乳房形成

[特徴・施術法]
下垂乳房形成は、たるんだ皮膚を取り除き、バストをリフトアップすることで、垂れ乳形成とも言います。バストはほとんどが脂肪からなるため、授乳後や老化による皮膚や筋肉の衰えと共にもっとも垂れやすいパーツです。 バストが大きすぎて下垂している場合は、乳房肥大と同様に、余分な乳腺・皮膚・脂肪などを取り除き、小さく整えていきます。

詳細はコチラ»

乳輪縮小

[特徴・施術法]
バストサイズに対して乳輪が大きすぎることを”乳輪肥大”といいます。先天的なものや、バストの発育と共に徐々に現れる場合、また、授乳によって乳輪が大きくなった方、太ったりやせたりを繰り返す方に多く見られるようです。基本的には、乳輪外側部分の周囲を丸く切除し、皮膚を縫い縮めます。乳腺を傷つけることもなく、授乳時の影響もありません。

詳細はコチラ»

乳房縮小

[特徴・施術法]
乳房縮小は大きすぎる胸を持つ方の悩みを解消します。日本人の食生活やライフスタイルが欧米化してきたことにより、バストが大きくなりすぎる「肥大乳房」の女性が増えてきました。肩こりや頭痛、猫背や下垂などの要因になったり、市販のブラジャーが使えない、息苦しいなどと悩みも深刻です。体や骨格のバランスに合わせて乳房の余分な皮膚のたるみと脂肪を取り除き、下がった乳腺を引き上げて固定します。

詳細はコチラ»

乳頭縮小

[特徴・施術法]
胸の悩みで大きすぎる乳首を小さく整えるのが乳頭縮小。乳頭の肥大は、先天的な遺伝によるものと、妊娠や授乳によって生じるものがあります。乳頭が大きくなると、バストとのバランスなど、見た目も悪くなってしまいます。乳首の先端の皮膚をカットして縫いつけ、小さくする方法や、乳首の根元の皮膚をキノコ型にカットして縫い付け、短くする方法など、形に合わせて様々な手術法があります。

詳細はコチラ»

陥没乳頭

[特徴・施術法]
陥没乳頭は、出ているはずの乳首が引っ込んだ状態のことで最近は多く見られます。乳管が短い場合や何らかの組織の癒着によって乳頭部分が中に入り込んでいるものを言い、見た目の問題以上に、衛生面で深刻な場合があります。、乳管を切らずに乳輪部分を切開し、裏から乳首を押し上げて凸型に整える方法と、乳腺炎を繰り返している場合などは、乳管を切離し、乳頭を突出させる方法があります。

詳細はコチラ»

SUB-Q(ヒアルロン酸)

[特徴・施術法]
SUB-Qとは、手軽にできるためプチ豊胸術、切らない豊胸術とも言われています。SUB-Qはヒアルロン酸で、人体の皮膚や細胞に存在するムコ多糖類の一種で身体には安全でアレルギー発生率は低いと言えます。SUB-Qは、通常シワ、隆鼻の治療に使われるヒアルロン酸に比べると粒子が約10倍と大きく、効果の持続期間は約1~2年間です。

詳細はコチラ»

脂肪注入法

[特徴・施術法]
脂肪注入法はバッグ挿入法とともに代表的な豊胸術。ご自身のお腹やお尻、太ももなどから脂肪を吸引し、その脂肪細胞をバストに注入する方法です。プロテーゼなどの人工のものに抵抗がある方に向いています。

詳細はコチラ»

プロテーゼ法(人工乳腺法)

[特徴・施術法]
人工乳腺法はプロテーゼ法、バッグ挿入法ともよばれ、大胸筋または乳腺の下に、人工的に作られたバッグ(人口乳腺)を挿入し豊胸するもので、現在主流となっている方法です。人工バックには生理食塩水バッグ、CMCバッグ、シリコンジェルバックなどがあります。

詳細はコチラ»

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索